240-0013 横浜市保土ヶ谷区帷子町2-107-3-101

受付時間

9:30~19:00(平日)  
9:30~17:00(土日)

定休日

木曜日・祝日

アクセス
保土ヶ谷駅西口徒歩3分

お気軽にお問合せください

045-332-6640

脊柱管狭窄症の腰痛で悩んでませんか?

 湿布と痛み止めの薬を飲んでいるが全く効果がない

 神経ブロック注射をしたが全く改善しない

 手術をしたけど3か月後に痛みがぶり返してきた

 リハビリや服薬、ブロック注射も何度か行っているが改善しない

 腰から下肢にかけて、しびれがある

 休み休みじゃないと長い距離を歩くことができない

 手術を勧められているが手術せずになんとか治したい

 何をするにも腰痛があり、痛くてやる気も起きない

 コルセットが手放せず、一人で出かける事も不安でできない
 

もう大丈夫です!
一つでも当てはまる方は、できるだけ早く私たちにお任せください!

AKS療法士上級インストラクターにお任せください!

丁寧かつ的確な施術でお客さまの支持率大!

つらい脊柱管狭窄症の腰痛は当院で解決!

● 職場復帰することができて助かった!

● とにかく腰を気にせず自由に動けることがうれしい!

● またゴルフができてうれしい!

● 腰痛であきらめていた旅行がまた行けました!

● 一日かけて掃除機をかけていたけど半日でかけられた!

ひかりカイロと出会い、人生が変わりました!

横浜市保土ヶ谷区 S.Iさま

私は、18才で脊椎分離すべり症と診断され15年、腰の痛みと付き合ってきました。

色んな接骨院、整形外科行きましたが、改善されることなく諦めてましたが、引っ越したことをきっかけに、ひかりカイロプラクティックと出会い、人生が変わりました。

先生は、とても親身になり話を聞いてくれて、全身を触り治療し、個々に合ったエクササイズ、トレーニング方法を次々と教えてくれます。

「何が悪いから、こういう痛みが出てる」というのを明確に教えて下さるので、言われたことを意識し治していけば、治療をしながら、筋肉を鍛えられ、徐々に痛みがなくなっていきます。

痛みで、1日がかりでしてた掃除も今では数時間で終わるようになりました。

仕事中は、コルセットがないと一人前に働けなかったはずが、今では着けなくても働けるようになりました!

何より「病院」へ行かなくなりました。

整形外科、接骨院、内科、婦人科までも…体を整えたら、全て良くなりました。
いつの間にか、痺れや痛みがなくなってることに、涙が出るほど感謝しています。

 今後も、継続して通いたいと思っています。

腰痛がすっかり良くなり、忘れている程です!

横浜市保土ヶ谷区 Y.Yさま

腰の痛みや痺れで整形外科に受診したところ腰椎分離すべり症と診断されました。

腹筋背筋の運動、電気治療などを勧められ続けてみましたが自分にはあまり効果が感じられなく結局途中で止めてしまいました。

その後も仕事などで疲労が蓄積している時、梅雨時や真冬、季節の変わり目での腰痛は勿論のこと、常に腰に違和感を抱えていたので腰に負担がかかりそうな事は何でも避けるようになり、生活の質が完全に低下してしまいました。

不意の動きで更に腰痛が悪化した事がきかっけとなり、何とかしたい!との一心で、腰痛の治療を第一、それと同時に身体全体の調子も診ていただけるところがどこかに無いかと探しているうちに ひかりカイロプラクティック が思い当たりました。(通勤で前を通るので知ってました)

思い切って行ってみたところ先生は優しい方で感じも良く、患者の話をよく聞き状態を理解していただき安心しました。

治療についても痛みがある箇所とそれに関連している部分をソフトに押したり、ほぐすなど施術していただき、また全体的にも身体の調整をしていただきました。

通院を週に何度か重ね、アドバイスも参考にしながら過ごしているうちに腰の痛みも段々と無くなるとともに不安感も解消されていきました。

現在では月に1回程度の通院ですが腰痛がすっかり良くなり、忘れている程です。

自分に合った治療院が見つかりほんとに良かったです。今後も身体のメンテナンスついてよろしくお願いします。

35年も悩まされていた腰痛・・・

横浜市大和市 C.Wさま

初めて発症してから35年。
季節の変わり目、多忙の後などに度々再発していた理由のわからない腰痛。
左下半身全部がなんだかわからない症状で腰痛なのかもわからない。

それでも整骨院でマッサージなどをしてもらい、早くて1ヶ月…遅くても3ヶ月ほどすればなんとか元に戻っていましたが、年々痛みがひどくなり、何もしなくても強烈な痛みで眠る事もできない日がずっと続いていました。

痛み止めを飲んでも痛みは変わらず、ブロック注射も効かず。
手術の話も出ましたが、手術で完璧には治らないと言われ、手術しないでどうにかならないか…と最後の頼みの綱だったのがひかりカイロプラクティックでした。

発症から3ヶ月経っているのに、施術中仰向けでいるのすら大変だった痛みが、週1で通って1ヶ月ほど経つと楽になりました。
1日の中で一番体がかたまっている起床後の起き上がりが大変だったのですが、今は気をつけながらですがこなせるようになりました。

初めて訪れた日、保土ヶ谷駅からひかりカイロまでの道のりも10歩ほどしか連続で進めず、何度も丸まって休まないと歩けませんでしたが、1.5ヶ月で休まずに歩けるようになり、3ヶ月後には連続でだいぶスタスタと歩けるようになりました。

立ち仕事の為、休職せざるを得ませんでしたが4ヶ月後、週1回ですが復帰しました。
今後徐々に日にちを増やしていく予定です。

それまでどこへ行ってもわからずじまいだったこの症状が、腰痛専門医のいる整形外科を受診することができて脊椎管狭窄症と椎間板ヘルニアだと言うことがわかりましたが、体の使い方やクセが原因の問題点は、ひかりカイロプラクティックでの丁寧でわかりやすい説明で35年経ってはじめてわかり、心も楽になりました。

まだ治療中で、これからも付き合っていかなくてはいけない脊柱管狭窄症ですが、安心して向き合っていけます。

これからもよろしくお願い致します。

なぜ整形外科で脊柱管狭窄症の腰痛が改善しなかったのか?

脊柱管狭窄症の腰痛で整形外科に受診して、湿布、リハビリ(温熱、電気)、痛み止めの薬(座薬など)、ブロック注射、最終手段のはずだった手術・・・
なぜ、これほどまでして脊柱管狭窄症の腰痛が改善しないのか? 

答えはすごく簡単です。

それは脊柱管の狭窄と腰痛は無関係だからです。
つまりMRIやレントゲンの画像で脊柱管の狭窄があったとしても、腰痛の原因が狭窄している場所とは違う場所にあるということです。 


また、脊柱管狭窄症の主な特徴である間欠性跛行の症状がなくても

・寝返りも出来ないような強い腰痛

・歩き始めから痛む腰痛

・起上ったり立ったりするのもつらい腰痛

・夜寝ている時も目が覚めるような腰痛

があれば脊柱管狭窄症と診断されてしまうのが問題なのです。

通常は画像所見と症状がリンクしなければ正確な診断とはいえません。

当然上記の症状の方が整形外科で治療を受けても改善しません。

今このように画像だけで脊柱管狭窄症と診断され、病院の治療では改善しない方が多くいます。
その数は受診した方の約7割以上といわれています。

当院が考える脊柱管狭窄症の腰痛の真の原因

それでは脊柱管狭窄症の腰痛の真の原因はというと、そのほとんどの方(90%以上)が画像では映らない

◎仙腸関節のわずかなズレ

◎骨盤周囲筋の硬さ

によるものです。

●関節
①仙腸関節
仙腸関節がズレると骨盤に歪みが生じ、体全体のバランスも崩れて腰痛の原因になります。
仙腸関節を調整することで特に体を曲げたり伸ばしたりする時の腰痛に効果があります。

②肋椎関節
肋骨と背骨の椎骨との関節がズレると胸郭に歪みが生じ、体全体のバランスも崩れて腰痛の原因になります。
肋椎関節を調整することで特に体を捻ったりする時の腰痛に効果があります。

●筋肉
骨盤の前側の筋肉(腸腰筋、小殿筋、大腿筋膜張筋)に凝り固まりや緊張が腰痛の原因になることが多いです。
これらの筋肉を、筋細胞筋レベルでほぐし、筋肉に本来の伸縮性を取り戻して、筋膜へスムーズに力を伝達できるようにさせ、腰痛を改善します。

※これらの原因は、レントゲンやMRIの画像では映りませんので、詳しい状態を確認することもなく神経に異常が起きていると判断され薬や注射・手術されてしまうのがほとんどなのです。

腰痛に特化したAKA-AKS療法のテクニック

腰痛解決の最高峰AKA-AKS療法で腰痛の真の原因である、仙腸関節、肋椎関節、臀部の筋肉を調整することで、つらい脊柱管狭窄症の腰痛を改善しあたりまえの日常生活を取り戻します。
とてもやさしい手技ですのでご安心ください。

仙腸関節の調整

胸郭の調整

臀筋調整

腰の筋肉の調整

腰部脊柱管狭窄症の概要

脊柱管狭窄症とは本来、脊髄を保護するトンネルである脊柱管が、加齢による椎骨(腰の骨)の変形や脊柱管周辺の靭帯が肥大することで狭くなり、神経への血流障害が起こり、神経症状が生じる疾患で50 歳以上に多くみられます。

主な症状は間欠性跛行で、動作や歩き始めは全く痛くありませんが、数分歩くと下肢の痛みやしびれが出て歩けなくなりますが前かがみの姿勢で少し休むとまた歩けるようになります。

また重度になると下肢筋肉の萎縮や著しい筋力低下や排尿障害(残尿感、尿漏れ)も出ることもあります。

症状が一向に改善しない場合や、日常生活に重度の支障が出ている場合等は、脊柱管狭窄症の原因となる部分を除去する手術を行います。

しかし、手術をしても約80%の人は症状が改善しないといわれています。
複数回手術を受ける人、その重い症状のまま過ごす人が多いのが現状です。

手術で重要視するのは神経です。

神経の圧迫部分さえ取り除けば、症状が改善するという考えです。
しかし、その考えで実行された手術の約80%が、痛みやシビレの改善に至っていません。

つまり、神経ではない”別の部分”に焦点をあてる必要があります。
それが、上記の関節と筋肉なのです。

通院の目安

初めは症状が安定するまで週1~2回のペースがベストです。

そして症状の改善具合で週1回→10日に1回→2週間に1回とどんどん間隔をあけていきます。

脊柱管狭窄症の腰痛の場合、だいだい3ヶ月程度で改善しますが、重症の方は半年位かかる場合が
あります。

症状が安定するまでの施術回数はだいたい10~15回程度ですが、年齢やお体の状態、生活習慣などによって変わってきます。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-332-6640
受付時間
9:30~19:00(平 日)
9:30~17:00(土・日)
定休日
木曜日・祝日

※WEB予約は24時間受付中です。

ご予約は今すぐどうぞ!

 お気軽にお問合せください

045-332-6640

■受付時間
 9:30~19:00(平日) 
 9:30~17:00(土日)
■定休日:木曜日・祝日

フォームは24時間受付中です。お気軽にお問合せください。

コロナウィルス対策実施中

過去のブログ

2002年創業

おかげさまで
開業19周年!

旧東海道沿いにある宿場町であった保土ヶ谷駅西口商店街に開院して19年が経ちました。
これからも皆さまが元気になれますように、しっかりとお体のサポートをさせて頂きます。

ごあいさつ

 院長 五明洋一  中田道子

臨床20年の経験と知識をフル活動させて全力で施術致します!親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

店舗名

ひかりカイロプラクティック

電話番号
045-332-6640
WEB予約
住所

〒240-0013
横浜市保土ヶ谷区帷子町
2-107-3-M・STAGEⅡ101

受付時間

9:30~19:00(平日) 
9:30~17:00(土日)

定休日

木曜日・祝日

アクセス

JR横須賀線保土ヶ谷駅西口徒歩3分
相鉄線天王町駅徒歩15分

QRコード