AKS療法で腰椎椎間板ヘルニアを改善!

●腰椎椎間板ヘルニアについて

 

●概要

腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間のクッションである椎間板が何らかの原因により、本来ある位置から

外に飛び出して神経を圧迫し腰や足に痛み、しびれを起こす疾患で20〜30代の方に多くみられます。
 

 

●腰椎椎間板ヘルニアになりやすい人の特徴

 ・前かがみや座りっぱなしなど長時間同じ姿勢を続けている

 ・腰に負担のかかるスポーツや動作を長期間続けていた

 ・重たいものを持つ作業が多い

 などの活動性が高い、20 〜 40歳くらいの年代と言われています。

 

 ●症状

 @片側のお尻から足にかけての痛みやしびれ(いわゆる坐骨神経痛)

  片側の臀部〜太ももの後面〜すねの前や足の外側にかけて、刺すような鋭い痛みやしびれを感じる。

  下肢を触ると左右の感覚が違う。

  痛みは座っている時や腰を曲げると強くなり、横になって寝たり、立った姿勢の方が比較的楽なことが多い。

 

 A足に力が入らない

 歩行時に足に上手く力が入らず歩きづらかったり、つま先が引っかかったりする。

 

 

 

●一般的な治療

・ リハビリ(電気治療や牽引、マッサージ、ストレッチなど)

・服薬(痛み止め、神経活動抑制など)

・ 神経ブロック注射(飛び出したゼラチンに圧迫された神経の根っこに痛み止めを打つ)

・ レーザー治療(椎間板自体に穴を空けて空洞を作り、そこにゼラチンが戻るのを期待する)

・上記で改善しなければ手術(椎間板から飛び出したゼラチン = 髄核を取り除く)が勧められる 

しかし、上記の治療で改善したという患者様は少ないのが現状です。

 

 

 

●では、なぜ一般的な治療では改善しないのか

それは ヘルニアと痛みは無関係 だからです。

では、その痛みの原因はどこにあるのか?  それを当院が解決いたします!!

その答えはヘルニア(背骨からの椎間板の飛び出し)とは、関係ない箇所に原因が考えられます。

MRIやレントゲンでヘルニア(椎間板の飛び出し)ということは事実ですが、痛みの原因はヘルニアとは違う箇所

にあと思われます。

 

 

 

●当院ではこんな方が来ています

・とにかく足の痛みを改善して 普通の日常生活をしたい

・リハビリや服薬、神経ブロック注射も何度か行っているが 一向に改善しない

・病院受診したら 手術しかないと言われた

・レーザー治療を行って最初は良かったが、すぐに痛みが戻ってしまった

・病院で手術をしたが 痛みやしびれが改善しない

・とにかく 手術だけはしたくない

 

 

 

 

●治療法

世界で一番優しい、関節に対する AKS療法(Neo-AKA療法)」と

「世界で唯一の、筋肉に対する AKS療法(筋細胞リリース)」

により、椎間板ヘルニアの 痛みを改善する治療法則 を生み出しました。

 

 

 

【第 1の治療法則】:原因の 50% は骨盤の関節である

最初に骨盤の関節(仙腸関節)に対する AKS療法(Neo-AKA療法)を行う。

 

●痛みが改善した場合

痛みの原因は骨盤の関節(仙腸関節)にあり、AKS療法(Neo-AKA療法)のみで痛みが改善していきます。

これは原因の 50%を占めます。

 

 

 

●痛みが改善しない場合  

痛みの原因は筋肉にある可能性が高いので 第 2の治療法則へ。

 

 

 

 

【第 2の治療法則】:原因の 20% はお尻の筋の こり固まり である

AKS療法(Neo-AKA療法)で改善されない場合、お尻の筋肉にこり固まりがあるか簡単な検査をします。

お尻の筋肉(深層外旋 6筋)のこり固まりが、坐骨神経を絞め付けている可能性があるからです。

(大腿方形筋、梨状筋、上下双子筋、内外閉鎖筋)

 

 

 

●お尻の筋のこり固まりがある場合

お尻の筋肉に対する AKS療法(筋細胞リリース)で筋のこり固まりがなくなり、坐骨神経の絞めつけが無くなること

で痛みが改善します。これは、椎間板ヘルニア症状の原因の 20%を占めます。

 

 

 

●お尻の筋のこり固まりがない場合

痛みの原因は、腰骨の筋のこり固まりが椎間板に負荷を掛けている可能性があるので第 3の治療法則へ。

 

 

 

【第 3の治療法則】:原因の 30% は腰骨の筋の こり固まり であ

第1、第 2の治療で改善しない場合のほとんどは 腰椎のストレート化 が原因です。

腰椎は、正常では前が凸の滑らかなカーブを描き、このわん曲のバネが様々な衝撃を吸収して、腰椎やその中の神

経を守ります。

しかし、長時間の座位や前傾姿勢、重たい物を持つことにより、腰骨の筋がこり固まりを起こし、腰椎が正常に

カーブしなくなります。これを 腰椎のストレート化 と言い、座位姿勢での自身の体重や動作時の衝撃が椎間板や

腰椎の間の関節にをかけて、下肢の痛みやしびれを引き起こしてしまいます。

 

 

 

当院では、腰椎のストレート化に対して…

@ 腰骨の筋にこり固まりがあるか簡単な検査をします

A 腰骨の筋のこり固まりに対する AKS治療をします

B 必要であれば 1日 2 〜 3分の簡単自宅トレーニングをして頂きます

@ 〜 Bにより腰骨の筋のこり固まりが解消され、腰椎が正常で滑らかなカーブを描くことにより、様々な衝撃を

吸収できるようになります。

 

結果、椎間板ヘルニア様の下肢の痛み、しびれなど辛い症状から解放されるのです。

 

 

 

 

●当院での治療頻度

症状が落ち着くまでは月に 1 〜 2回、症状が改善してきたら1 〜 3か月に 1回の AKS療法がお勧めです。

重要なことは、第 1から第 3治療法則の順序 です。

第 1の関節に対する AKS療法(Neo-AKA療法)、第2、第3の筋肉に対する AKS療法(筋細胞リリース)を受けること

により、痛みの原因が明確になります。

椎間板ヘルニアの症状でお悩みの方は是非、当院へお越しください。